s

上手な話し方の基本

何を言っているのかわからない


人と会話する時、特に社会人として話をするという時に、
上手な話し方をしたいと考えている人も多いでしょう。


そういった人達に、上手な話し方の基本を
ご紹 介したいと思います。



まず、話し方ということを考える時に、
「意図している ことを相手に伝える」こ とを
まず最優先にしなければならないということを
知って おいてください。



事象の説明ばかりで 何を言っているのか
わからないということが、 20代の男性には多く、
長々と話した結果たくさん質問しなければ
意図がわ からないということが多々あります。


上手な話し方というものは、伝える技術であり、
まずは、自分が思っていることや意図したことを
伝えるということを考え てください。



基本としては、簡 潔に述べ、必要に応じて説明を加える
といった手法が 代表的です。



例えば、次の日に会議が2本入っていて、
外出することができ ないということを伝える時に、

会議2本すべての内容を説明するのではなく、

会議が入っているので外出が無理だということを伝え、
その後、相手が了承しな かった場合に、会議の性質を述べ、
理解してもらう努力をするということが必要です。



もちろん、敬語等を活用して、相手に不快なおもいを
させないというスキ ルも最終的には必要になりますが、まずは、
自分の意思や意 図を伝えるということを がんばってみてください。

このページの先頭へ

電気自動車