s

話し方のマナー

がっかりして聞く耳を…



話し方のマナーには色々あります。



以前、カリスマ店員がお客さんにため口で話す風潮が流行り、
私も親しみを沸かせようと初対面の人に無理をして
ため口で話 したところ、 誤解されてしまった苦い経験が あります。


このように初対面の人には、
きっちりと敬語で話さなくてはなりません。



そして、自分だけが自分のこと を話すのではなく、
しっかり相槌を打って相手の話を聞きましょう。



適当な相槌を打って相手が話し終わるか終らないかの
ところで自分のことばかり喋る人の話 は、 がっかりして
聞く耳を持たなくなりますよ ね。



話し上手になるには、まず、
聞き上手になるのがポイントです。



話す時は、相手の目を見て話すことも重要で す。



西の人は、目を凝視して話すのが当たり前だと言いますが、
北の人はシャイな人が多く、営業の研修でも、目を凝視せずに
時々あごの当たりに視線を落とし たり目を見る繰り返しで
良いでしょうと言います。


多少の県民性があるように思いますが
相手の方を見て話すというのは大切です。



上下関係には配慮しましょ う。



こちらが客なのかもてなす側なのかによっても
違いますし、年齢的な上下関係もあります。



上司と部下の関係もあるでしょう。

目上の人を敬って話すように 心がけましょう。



表情も大切で、相手の話に興味がありますよと
時折笑顔を見せたり大きくうなづいたりと
リアクションを取ることで相手も話しやすくなりま す

このページの先頭へ

電気自動車