s

上手な話し方と聞き方

自分のことを分かってもらいたい



上手な話し方と聞き方は、 人間関係をスムーズにし、
毎日を楽しいものにしてくれます。


上手な話し方と聞き方とは、どんなものでしょうか。

まずは、相手の話 をよく聞く姿勢を持つことが重要です。


まくしたてるように自分のことばかりを
話していたのでは、 相手の心は離れてしまいます。


自分だけが一方的に早口で しゃべると、
相手が入り込むすきが無くなり、もはや
会話のキャッチボールでは無く、
自分の演説会のようになってしまいます。



人は誰しも自分のことを分かってもらいたいものです。


だからと言って自分の気持ちを
押し付ける結果になってはいけません。


相手だって、自分を認めて欲しいと思っているはずですから、
よ く話を聞いて大きくうなずいたり、相手の言葉を反復して
「よく聞いているよ」というのを態度で表現します。



相手の話の中で興味のあるものを
ピックアップ し、自分の話もします。



そうすることで、
どんどんお互いの距離を縮めることができます。



よく「話し上手は聞き上手」と言いますから、
まずは、相手の話に耳 を傾けることが一番大切でしょう。


相手の話をよく聞いて話すことで関係を良くしていきましょう。

このページの先頭へ

電気自動車