s

日本語の上手な話し方

知らない間に差がついている


日本語というものを意識せずに
社会で活用しているという人も多いでしょう。


しかし、中には、日本語を上手に使って
仕事や社会で活用していると いう人がいま す。



そういった人たちとは 知らない間に差がついている
ということが多いですから、日本語の上手な話し方
というものを活用してください。


少しですが紹介して おきます。



まず、「お酒の席」で、年配の方が多い状態で、
お酒が飲めないということを伝えるときに、

「体質的に、お酒は飲めないです。申し訳ありませ ん。」

こういった答えをする人もいますが、これは
「~的」という言葉の使い過ぎと高齢の方は
感じることが多く、

それに加えて、「お酒が飲めない」というこ とを
伝えるときは、「不調法なもので申し訳ありません。」と
答えることが正しい日本語であり、 目上の人に話す時に
必要な言葉です。



この不調法という言葉は めったに聞くことがないでしょうが、
上手に日本語を使っている人になると、意外と使っている言葉ですから、
お酒の席で活用してください。

このページの先頭へ

電気自動車