s

上手な話し方のコツ

「空気の読めない人間」のレッテ ル



「自分は口べたで、どうしようもない」

「どうすれば上手に
他人との 円滑なコミュニケーションが 図れるの?」

と、自分の話し方や、 他人とのやりとりに
コンプレックスを感じている人は多いようです。


実は、私もそうだったりします。


特に社会人は、子どもの頃と違って人との
接触が拡大し、職場の同僚や上司、はたま た
位の高い取引先の上層部など、幅広い年齢層や
地位の人たちと出会う機会が多くなります。



そこで、話し方があまり得意でなかったり、
相手の扱い方に問題が 生じると、相手悪い印象を
与えてしまい、場合によっては 自分自身や周囲に
多大な損害を与えてしまいます。



そうならないために、日頃話し方について
どう改善 していけば良いか、具体的に
上手な話し方のコツについて説明したいと思います。



上手な話方のコツをマスターすれば、
人との意思疎通がスムーズになり、
良好 な人間関係の構築に役立ちます。


【上手な話し方のコツ】

●まずは挨拶から始める。

話すことが苦手な人は、まず始めに挨拶から始めましょう。
挨拶をすると、 相手にとても良い印象を与えます。


●「簡潔」「具体的に」「印象深 く」
この3つのポイントを心がける。


どんなに良い話でも、ダラダラと纏まりの無い
話し方 だと相手に伝わりません。

手短に分かりやすく用件を伝えると、
相手の記憶にも残りやすくなります。


●タイミングを見て、
相手の気持ちに余裕がある時に話 す


多忙で切羽詰まっている時や、機嫌の悪い時など、
相手に気持ちのゆとりが無い時は暫く時間を置きましょう。

相手の事を考慮せず一方的な行動に出ると、
俗に言う 「空気の読めない人間」のレッテルを貼られてしまいます。

このページの先頭へ

電気自動車