s

伝わる話し方のコツ

何が言いたいのか分からない状態


伝わる話し方のコツは、話し方がうまくなくても
相手を思いや り、抑揚をつけて話す ことです。


淡々と棒読みにしていたのでは、
相手に気持ちが伝わりません。


ダラダラと話した上に、結局何が言いたいのか
分からない方もいますので、まず、
結論を考えてから話し始めると良いでしょう。


話すのが苦手な人でも、
経験を 積むと 克服できていくものです。



仕事でお客様に伝わる話し方をしたいなら、
成績の良い上司に同行してどのような話をしているのか
聞かせてもらうととても良 い刺激になり、自分が
どういう話し方をすれば伝わる話し方ができるか
コツを掴めたりします。



その上で、商品説明などを完璧に
叩き込んでおけば、自信を持っ て話せますから、
お客様に気持ちが伝わりやすいでしょう。



自信を持つことは、伝わる話し方のコツです。



自信が無いと、ついつい小声になったり、
表情が曇っ たりして一体 何が言いたいのか
分からない状態になります。


会話をする上で一番大切なのは相手を思いやる気持ちです。



「ありがとう」、「失礼ですが」、
「ど うぞ・お願いします」、「お先にどうぞ」、
「申し訳ございません」の言葉を大切にすることが重要です。


基本的な言葉ですが、心がけるようにしましょう。

このページの先頭へ

電気自動車