s

論理的な話し方を身に付ける方法

人付き合いが下手で意味不明な人



仕事や日常生活において人とコミュニケーションをとる時、
最も重要視されるのが「会話」です。


会話一つで、今後の 人間関係の構築が大きく左右される
と言っても過言ではないでしょう。


特に職場など、社会において幅広い年齢層や地位の人と
接触する機会が多々あると思います。


そこで、時間を割くだけで話に纏まり がなかったり、
自分が何が言いたいのか理解されず、
相手との意思疎通がスムーズいかないと、
「人付き合いが下手で意味不明な人」
とレッテルを貼られ、距離を置かれます。


上手な話し方として最も望ましいのは、
短時間で相手と意思疎通のできる論理的な会話ですが、
意外に社会経験豊富な人でもこの論理的な話し方 を
マスターしている人は少ないようです。


では、論理的な話し方を身に付けるには
どうすれば良いが、具体的に説明したいと思います。


【論理的な話し方を身に付ける方法】

●結論から話を切り出せるよう常に意識する。

意思伝達の苦手な人の特徴は、
とにかく結論に至るまでに時間が掛かること。

特に連日多忙な社会人 にとって、
他人との長時間の会話は避けたいものです。

結論からさっと会話を切り出せるようになれば、
相手にも会話を理解されやすく、時間削減にもつながり ます。


●結論の理由を手短にまとめるクセをつける。

結論を話した次に、その理由を手短に加えます。

「まず一番の理由は〜です。次に〜だと考えます。以上で す。」
という感じに、最も重要な部分だけを1つか2つピックアップし、
順位付けして手短に纏めると相手に伝わりやすくなります。



このように、論理的な話し方は
非常にシンプルな構成ですが、実際
自然と身に付くまで時間がかかります。


ですので、慣れないうちは相手に伝えたいことを
予め紙に書おこし、内容を纏めてから会話に切り出すと良いでしょう。

このページの先頭へ

電気自動車