s

プレゼンの上手な話し方

聞く人間は自分ではない


社会人になると、プレゼンの上手な人を見て
歓心することも多いと思います。


そういった中で上手な人のスキルを見て学ぶ
ということも一つの手段ではあります が、
まずは基本をおさえて、上手な話し方
というものを習得してください。


最近はプレゼンに特化した指南書や教材
といったものが多数販売されていますから
そ ういったものを利用するということも方法の一つです。


ここでは、プレゼンを上手にすすめるために
必要な基本というものを理解しておきましょう。



まず、プレ ゼンを 聞く人間は自分ではない
ということを意識するようにしてください。


自分がわかっていても相手がわかっていない
カタカナ言葉や専門用語を多用するとそ れだけで
印象の悪いプレゼンとなってしまいます。


これは数字に関しても同じです。


数字を羅列しながらしゃべるのではなく、
レジュメ等で数字を把握してもら うということが必要でしょう。



それに加えて、どうしても関係性の説明が複雑に
なってしまうという場合には 「たとえ」を
うまく使うということを心がけてください。


最近は、ベクトルごとに適したたとえ
といったものも体系化し紹介されていることが多いです。



なにより、すでにプレゼンを得意にしている人の
スキルを 習得するということがはやみちですから、
人に学ぶということを書籍や講座に限らず実践してみてください。

このページの先頭へ

電気自動車