s

弁護士の上手な話し方

説得力があり、納得


弁護士の上手な話し方について考えます。


難易度の高い司法試験に合格して弁護士になっても、
実践になると話の仕方で、 弁護士の力量が問われます。


物事には、 理由と裏付けがあり、しっかりと裏付け
が取れているからこそ、自信を持って上手に話すのです。


弁護士の理由と裏付けを明確にした話し方は、
営業職に従 事していても学ぶべきところがあります。


自社の商品を薦める際に何故、この商品は
優れているのかを明確に説明することで、お客様も、
漠然とした薦め方よりは 説得力があり、納得します。


大阪市長の橋下徹氏を見ていても、好き嫌いは別として、
きちんとした裏付けのある話し方をしているので、
説得力が違います。


そして、優秀な弁護士の話し方は、声が張っていて、
堂々としていてゆっくりと分かりやすく話しますから、
聞き手が自然に耳を傾けていますし、分かり易い
話 し方なので容易にその話の イメージが頭に湧いてきます。


弁護士の上手な話し方を真似したいなら、
理由と裏付けをしっかりと付けた話の流れにして、
堂々と、 そしてハキハキとゆっくりした口調で話しましょう。

このページの先頭へ

電気自動車